「ぽかぽかタウン」とはどういう場所なんですか?

未就園のお子さんとその保護者を対象に子育て支援をしている施設です。
子どもさんの食事のこと、体重や発達のこと、大きな悩みや、些細なことまで、
利用者さんに寄り添って積極的にお声掛けして、子育ての困りごとなどの相談に乗っています。
子育ての悩み相談だけに来られる方も多いですが、保護者さんが集って、情報交換場所としても使われています。
私たち3名の保育士に加えて、ボランティアの子育てサポーターが30名程おります。
草津市民はもちろん、在勤の方、他市でも実家が草津なら利用できますよ。
心を開いてのお付き合いを大切にしていまして、人見知りのお母さんも是非安心して、お越しいただければと思っています。


市役所の中というわかりやすい場所にありますね。いつ出来たのですか?

元々は、草津中央おひさまこども園(草津市草津保育園)内に、草津学区(地域)向けの地域子育て支援センターとして運営されていました。
それが、平成23年(2011年)に地域限定ではなく草津市直営の支援施設「ぽかぽかタウン」として、市立さわやか保健センター3階(市役所内)に移動しました。

施設の特長を教えてください。

スペースが広過ぎずコンパクトなので、目が届く範囲で遊べることが受けていると思います。
現在はお断りしているのですが、以前はお弁当を持ってきて、生活の一部として利用されている方も多かったですね。
市役所のさわやか保健センターの3階にあることもあって、乳幼児検診の終わった後や待っている間とかに利用される方もおられます。
乳幼児検診の後などに、相談をされたりしてお母さんの心のケアの場所になれていると感じています。
あとは、3階の遊び場ですが実は砂場があるテラスもあって、これも喜ばれています。
転勤されてきた方にとっては出会いの場にもなっていて、ここから始まったご縁で所外でもお付き合いが続いている方も多いと思いますよ。

ぽかぽかタウンならではのイベントはありますか。

市役所3階のこの場所だけでなく、ぽかぽかタウン主催で様々なイベントを開催しています。
エストピアの26階でのコンサートやクレアホールでの300人規模のコンサートは、毎年満員になり、とても好評ですよ。

他にはこんな教室があります。
 
★運動教室
インストラクターさんを呼んで、乳幼児向けに開催。
大きい空気トランポリンなど親子で運動にチャレンジしたり、大きいお子様は鉄棒の練習などもします。
[50組×2部(0才の部、1〜3才の部)]
 
★妊婦教室
助産師さんに来てもらって、妊娠から出産までの不安や困りごとの相談に乗っています。
出産についてのアドバイスも。
コロナで産院での開催がなくなっている中、毎回定員がいっぱいになるぐらい好評です。
[3箇所で年4回開催]
 
★ツインズフレンズ
双子、三つ子の保護者さんならではの悩みの相談や、同じ境遇の保護者同士の情報交換や、コミュニティーを作っていただく機会として開催しています。
[年4回、午前午後の2回開催]
 
いずれも、広報くさつ、毎月発行のチラシでお知らせしています。お申込みは、ぽかぽかタウンのサイトや電話で受付しています。

 

「ぽかぽかタウン」での印象的な出来事は?

やっぱり、子どもさんの成長を見るのとか、お母さんの不安が解消されていくのが嬉しいですね。子どもさんと一緒に親御さんも成長されていて、そういう様子を見るのもとても嬉しいです。
親御さんが私たち保育士や助産師さんを信頼してくださっている関係性もありがたいと感じてます。
それと、大きなイベントも含め、ぽかぽかタウンを円滑に運営することができてるのは、子育てサポーターの皆さんのお陰だと思っています。
子育て期間にぽかぽかタウンを利用されてきた方が、子育てサポーターさんとして帰ってきている方もいて本当に嬉しいし頼もしいしありがたい存在です。


日々の保育で特に大切にしていることはありますか?

私たち自身にもそれぞれに得意分野があることで、利用者さんの相談内容に応じ、助け合いながら運営しています。
利用者さんへの声のかけ方、接する距離感など職員同士のお互いの気づきも話し合って、最適な支援ができていると思います。
正面から向き合ってお付き合いからこそ、利用者さんの信頼を得られているんじゃないでしょうか。
あと、市内の他の6つの子育て支援施設各所(※)の個性を尊重しながら、訪問して情報共有して総括をしています。
年4回、事業所交流会として各施設の代表が集まって話し合ったり、谷口先生がメインになり、各施設にヒアリングに行ったりしています。
※ぽかぽかタウンの他、ミナクサ☆ひろば(西友南草津店2階)、ココクルひろば(キラリエ草津2階)、地域子育て支援センター(認定こども園みのり内、くさつ優愛保育園モンチ内)、つどいの広場(くれよん)、笠縫東児童センター)

最後に、この街で子育てをしている方にメッセージをお願いします。

来てくださったお母さん方への声かけを大切にしています。
子育てで大変な時期のお母さんに一瞬でもリラックスしてただきたいと思っています。(谷口悦子先生)
 
子育てサポーターの皆さんと丁寧にコミュニケーションを取りながら、利用者の方に安心して利用できる施設にしたいと思っています。(箕浦孝栄先生)
 
季節ごとに飾りやオブジェを作ったり、手作りのおもちゃを是非手に取って遊んでみてください。(神田由果先生)
 
ポカポカタウンで待っています!